活動報告

2016年シーズンの山岳会の活動

DSCN0232

今シーズンも11月26日の納会をもって山岳会の活動も終了しました。5月から10月までのシーズンを会員180名余で避難小屋の管理を中心に行ってきました。8月の台風によって道路が通行止めになったため登山ができなくなったのですが、避難小屋には被害が及ばずほっとしているところです。来シーズンに向けては、会員登山の実施や七つ沼カールの清掃活動など大きな事業が目白押しですが、拠点の避難小屋新冠ポロシリ山荘とイドンナップ山荘の管理をこれまで以上に行い、利用者の安全な登山を支援していきます。

主な活動  平成27年12月 ポロシリ・コード発信

      5月29日    小屋開き

      7月2~3日   登山道整備

      7月8日     プロアドベンチャーレーサー田中陽希さん 

               新冠ポロシリ山岳会名誉会員になる。

      7月9日     田中陽希さん 講演会&交流会

      7月       雑誌 山と渓谷 に特集記事掲載される 

      8月7日     避難小屋、管理道路整備 パトロール

      8月18日    大雨により 町道通行止め  来年4月末まで      

      10月8~9日   小屋終い

      11月26~27日  納会

 今年度の活動状況は こちらのスライドショウでご覧いただけます。

    

2016年12月11日

8月7日 避難小屋と作業道のパトロール実施

13876654_1020794914703397_8932150771104955240_n

8月7日 会長以下5名による避難小屋のメンテナンスと作業道の安全パトロールを行いました。水道の補修、トイレの汲み取り、小屋周辺の草刈り、メッセージボードの取り付け、トイレットペーパーの補充、トイレ清掃など行いました。作業道では大木が道路を塞いでいたため約1時間かけて切断して車両でけん引し撤去するなどのトラブルもありましたが無事完了しました。相変わらず自転車とバイクの乗り入れがあったことと駐車できない場所への車の放置などへの注意喚起と警察への通報も後日行いました。

 

2016年08月09日

新冠ルートで重大事故発生

13516226_872909696185966_1640142270097888344_n

残念な事故が発生しました。8月4日15時頃、新冠ルートで滑落死亡事故があり、釧路の72歳の方が亡くなられました。山を愛する仲間として心からご冥福をお祈りします。滑落地点は毎年地滑りをしている地盤不安定なところで、あまり体調もよくなかったようでバランスを崩され谷に落ちたようです。幌尻岳新冠コースは、林道歩き19km約5時間超 避難小屋宿泊。翌日、避難小屋から山頂そして下山して避難小屋 高齢者の方では約8時間(健脚なら6時間から7時間) 避難小屋宿泊、翌日、林道歩き19km 5時間超となります。このことからも2泊3日の山行をお勧めしております。これからの季節は日が短くなるので余計時間的な制約がでます。下山されてそのまま林道歩いてイドンナップ山荘まで来られる方もいますが、これからは熊も活動が盛んになって林道に出没します。安全のためにも避難小屋2泊の計画を立てられますよう強く要請します。また、体力的にも非常に厳しいものがあります。昔登ったからとかということだけでなく、もう一度自分と向き合い山行を決めてください。ちょっとでも天候や体調不良、そして体力に自信の無い時は登らない。それくらいの覚悟が必要です。事故の無い安全な登山を心から切望してやみません。

2016年08月09日

新冠ポロシリ山岳会の活動 山と渓谷8月号で紹介される

DSC01146

7月15日発売の山と渓谷8月号で、新冠ポロシリ山岳会の取り組みや幌尻岳新冠ルートにおけるポロシリ☆コードなどについて紹介されました。これも会員の皆さんがこのルートと避難小屋の維持管理に献身的な支援をしていただいている賜物です。また取材下さった出版社の皆様にも感謝しております。ありがとうございました。これからも新冠ルートの安全確保と避難小屋の維持を中心に登山者の皆さんに安全で快適にそして思い出に残る山行の一助になれるよう活動を拡充していきます。

 

2016年07月18日

山岳会会員等との懇親会、笑顔笑顔笑顔いっぱい

IMGP4695

講演会の後の懇親会。陽希さんはどこでも笑顔で引っ張りだこ。美魔女軍団にも笑顔で。会場いっぱい笑顔だらけで多いに盛り上がりました。また、北海道食美楽の相楽社長からは陽希さんの活動に日高プレミアムエゾシカ肉を提供していくことのサプライズがありました。

 

 

 

2016年07月18日
» 続きを読む